食材の栄養素や効能

我々のまわりにあって毎日何気なく食べたり飲んだりしている食材について、あれこれと知ったこと、気がついたこと、考えたことなどをまとめています。

  • トマトには当然リコピン以外にもパワフルな効能を持った栄養素も含まれているとか。
    なんでも完熟トマトにはβ-カロチンが多く含まれていて成人病予防に効くとのこと。
    高血圧患者にトマトをすすめるお医者さんもいるとか。
    またリンゴ酸やクエン酸には食欲増進とか疲労回復に働く効果もあるとか。
    まあ味も酸っぱ目だったりすると、気分転換にもなるよね。

    トマトジュースを毎日飲むといいんだけど、ジュースだけなら飽きてしまうよね。
    でも最近はフルーツトマトってカテゴリーがあるらしい。
    フルーツのようにトマトを食べるということなんだろうけど
    今度ためしに買って食べてみようと思っています。

    でもトマトジュースはできれば食塩無添加のほうがいいように思いますね。
    トマトジュースで食塩無添加のもの


    スポンサードリンク


    トマトの降血圧作用など はコメントを受け付けていません。
  • 「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉があるとのこと。
    (りんごでも同じようなことわざがあったような・・・苦笑)
    まあトマトが身体にいいことは、何だか毎日食べていて感じることだ。元気がいいイタリアの人達なんかがパスタ料理などで使いまくっていることでも証明されているのだろう。

    トマトの栄養素として最も魅力的なものがリコピンだろう。トマトの赤さを作り出しているのもこのリコピンによるものだそうだ。
    トマトには、リコピン外のビタミン類やミネラル類も含まれているのだが、そのリコピンが他のどの野菜よりも多く含まれていると言われている。
    リコピンは、人間の身体の中にある活性酸素(喫煙とか紫外線、ストレスなどによって増加する)の増加を抑えるっていうか消してくれる働きがあるとのこと。この抗酸化能力は人参とかに入っているベータカロチンの2倍、ビタミンEの100倍といわれているようで、更に憎きガンについても、リコピンの血中濃度の高い人は、ガン発生率が少ないともいわれているようだ。
    料理をする際には、ビタミンCなどは熱を加えることで減ってしまったりするけど、我らがリコピンは、熱に強いとのこと。
    従って、トマトを煮ても炒めても、リコピンの栄養・効能は変わることがないってこと。イタリア人のあのボルケーノのような明るさと迫力はトマト、リコピンのおかげか!?
    こんなトマトだから、加工品や濃縮されたジュース、~例えば、トマトピューレやトマトケチャップ、トマトジュース~にはリコピンがさらに凝縮されて、その栄養価は更に高し、とのこと。

    さっそく今晩の夕飯は、トマトがたっぷり入ったパスタといこうか!

    でもトマトジュースはできれば食塩無添加のほうがいいように思いますね。
    トマトジュースで食塩無添加のもの


    スポンサードリンク


    トマトの栄養素や効能 はコメントを受け付けていません。
  • いつも口にしている大根。

    どんな栄養素が豊富なのか?

    けっこうこの質問に答えられる人は少ないかも。

    ・・・・

    ビタミンCが豊富とのこと。

    で、・・・

    根の部分以上に葉にたくさんビタミンCが含まれているそうな。

    大根の葉っぱ、とバカにするなかれ!


    スポンサードリンク


    大根 はコメントを受け付けていません。
  • 一般的にねぎはその地域で収穫される種類で、関西は青ネギ(葉ねぎ)、関東では白ねぎ(根深ねぎ)と呼ばれてきたわけだが、昨今ではどちらも日本国内の流通が整ったおかげで、年中いつでもどこでも食べることができるようになったので、今では料理によってそれぞれが使い分けられるようになってきているようだ。

    青ネギとは葉ねぎとも言われ、主に「九条ねぎ(京都産)」のことをさす。「万能ネギ(福岡特産)」や「やっこねぎ(小ねぎ)」もこの一種だとか。

    白ねぎとは主に白い部分を食べる根深ねぎのこと。栽培時に根元に土寄せして白い部分が長くなるように育てられるわけだ。
     (ex.下仁田ねぎ、千住ねぎ、加賀ねぎ)
    個人的には昔から食べてきた下仁田ネギが好きですね。鍋物には必需品ですね。

    なお、ねぎは「ユリ科ユリ属」の野菜とのこと。へ~、ユリなんだ、って感じですな。


    スポンサードリンク


    ネギの種類 はコメントを受け付けていません。
  • 根深ねぎは古くから民間療法として使われてきたとのこと。管理人も田舎出身だけど、うちの方ではこういうことは特にはやらなかったっけ。
    なんでも風邪をひいてのどが痛い時などは根深ねぎ(白ネギ)を焼いて、湿布のように喉に当てたり、食べたりということが行われてきた(いる?)らしい。
    前の記事でも書いたが、要するに硫化アリルが大いにその効能を発揮するらしい。焼くことによって揮発性のある硫化アリルが殺菌作用とか鎮静作用を発揮するとのこと。
    あの刺激的な臭いは、たとえば電車の中でその匂いがしていたら誰もが嫌な感じを持つだろうが、つまりそれだけ効果的ということなのだろう。
    個人的には特に下仁田ねぎが効きそうな気がします。子供の頃からのお付き合いだから。(笑)

    湿布もなく、お医者さんも少ない時代に、昔の人はよく考えたものですな。


    スポンサードリンク


    ネギの効能 その他 はコメントを受け付けていません。
 
SEO
  • SEOブログパーツ