ネギの効能 その他

根深ねぎは古くから民間療法として使われてきたとのこと。管理人も田舎出身だけど、うちの方ではこういうことは特にはやらなかったっけ。
なんでも風邪をひいてのどが痛い時などは根深ねぎ(白ネギ)を焼いて、湿布のように喉に当てたり、食べたりということが行われてきた(いる?)らしい。
前の記事でも書いたが、要するに硫化アリルが大いにその効能を発揮するらしい。焼くことによって揮発性のある硫化アリルが殺菌作用とか鎮静作用を発揮するとのこと。
あの刺激的な臭いは、たとえば電車の中でその匂いがしていたら誰もが嫌な感じを持つだろうが、つまりそれだけ効果的ということなのだろう。
個人的には特に下仁田ねぎが効きそうな気がします。子供の頃からのお付き合いだから。(笑)

湿布もなく、お医者さんも少ない時代に、昔の人はよく考えたものですな。

投稿者: ぴょろのん

いろんな通販について研究しています。