トマトの栄養素や効能

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉があるとのこと。
(りんごでも同じようなことわざがあったような・・・苦笑)
まあトマトが身体にいいことは、何だか毎日食べていて感じることだ。元気がいいイタリアの人達なんかがパスタ料理などで使いまくっていることでも証明されているのだろう。

トマトの栄養素として最も魅力的なものがリコピンだろう。トマトの赤さを作り出しているのもこのリコピンによるものだそうだ。
トマトには、リコピン外のビタミン類やミネラル類も含まれているのだが、そのリコピンが他のどの野菜よりも多く含まれていると言われている。
リコピンは、人間の身体の中にある活性酸素(喫煙とか紫外線、ストレスなどによって増加する)の増加を抑えるっていうか消してくれる働きがあるとのこと。この抗酸化能力は人参とかに入っているベータカロチンの2倍、ビタミンEの100倍といわれているようで、更に憎きガンについても、リコピンの血中濃度の高い人は、ガン発生率が少ないともいわれているようだ。
料理をする際には、ビタミンCなどは熱を加えることで減ってしまったりするけど、我らがリコピンは、熱に強いとのこと。
従って、トマトを煮ても炒めても、リコピンの栄養・効能は変わることがないってこと。イタリア人のあのボルケーノのような明るさと迫力はトマト、リコピンのおかげか!?
こんなトマトだから、加工品や濃縮されたジュース、~例えば、トマトピューレやトマトケチャップ、トマトジュース~にはリコピンがさらに凝縮されて、その栄養価は更に高し、とのこと。

さっそく今晩の夕飯は、トマトがたっぷり入ったパスタといこうか!

でもトマトジュースはできれば食塩無添加のほうがいいように思いますね。
トマトジュースで食塩無添加のもの

投稿者: ぴょろのん

いろんな通販について研究しています。